n-アセチルグルコサミンは乾燥肌を防ぐ効果がある

栄養と体操で改善

目の疲れ

パソコンやスマートフォンを長時間使うことによって眼精疲労になります。できる限り目を休ませるようにすることが一番です。蒸しタオルで血流を改善したり、サプリメントや目の体操で眼精疲労の予防をすることができます。

もっと見る

蜜だけじゃない蜂の贈り物

ハチミツ

抗菌作用に優れていて、傷口への塗り薬としても使用されていたものにプロポリスがあります。いまは原液での販売もされていて、健康維持のために飲んでいる人が増えています。サイズや形状は好みのものを選びましょう。

もっと見る

乾燥肌や関節痛を改善

錠剤

ヒアルロン酸の材料に

人は誰でも年齢とともに肌の潤いが失われ、乾燥肌にもなりやすいものです。その原因の1つとしてヒアルロン酸の減少が挙げられます。ヒアルロン酸は皮膚や関節・目などに多く含まれており、高い保水力を発揮してそれぞれの細胞を守る働きをしています。皮膚のヒアルロン酸は繊維芽細胞から生まれますが、加齢に伴って繊維芽細胞が衰えるとヒアルロン酸生成力も低下してしまうのです。多くの女性はヒアルロン酸を配合した化粧品を使って、肌の外側から保水成分を補充しています。表皮のヒアルロン酸も短期間ならこの方法で補えますが、表皮がガードしているため真皮にまでは浸透しません。内側から食品で摂取しようとしても、ヒアルロン酸は高分子のためほとんど吸収できないのです。真皮のヒアルロン酸を増やすための秘策として、n-アセチルグルコサミンという物質をサプリメントで摂取する方法があります。n-アセチルグルコサミンはヒアルロン酸の材料となる物質で、分子量はその何百分の1に過ぎません。そのためヒアルロン酸の何倍もの吸収力を持ち、真皮を内側から健康にしてくれます。真皮のヒアルロン酸が増えると、やがて表皮にも潤いが戻ってくるものです。

吸収力高める工夫

実は関節痛の改善に効果が高いことで知られるグルコサミンも、体内に吸収された後は分解されてn-アセチルグルコサミンに変わります。このn-アセチルグルコサミンが軟骨材料の1つとなり、変形性関節症の症状を改善してくれるのです。同じサプリメントでも、グルコサミンより分子の小さいn-アセチルグルコサミンの方が吸収力も高いと言えます。グルコサミンもn-アセチルグルコサミンもエビやカニのキチン質に多く含まれていますが、そのままでは吸収されません。n-アセチルグルコサミンは牛乳にも含まれているとは言え、必要量を牛乳だけで確保するのは困難です。効率よく摂取するには、やはりサプリメントを利用するのが一番ということになります。関節を形作っている軟骨も、肌の成分と似通っている部分があります。どちらもヒアルロン酸とn-アセチルグルコサミンが深く関わっており、年齢とともに少しずつ失われていく運命にあるのです。この運命に逆らって若返りを果たすためにも、n-アセチルグルコサミン配合サプリメントが役に立ちます。グルコサミンやヒアルロン酸の効能は広く知られていますが、今後はn-アセチルグルコサミンの人気も高まりそうです。

代謝を促進させる成分です

シニア

オルニチンはアルコールを代謝する働きがあるために、肝臓の活性化を促進させることができます。デトックス効果や疲労を回復する効果があります。オルニチンはアミノ酸の一種で、しじみやチーズ、あさりなどに多く含まれています。

もっと見る