n-アセチルグルコサミンは乾燥肌を防ぐ効果がある

栄養と体操で改善

目の疲れ

できる限り休ませる

パソコンやスマートフォンを長時間利用すると誰でも眼精疲労になります。細かな文字、強い光は目に大きなダメージを与えます。近くのものを見続けると近くにピントがあったままになり近視になりやすくなります。液晶画面からは目に悪いブルーライトが出ています。眼精疲労対策にブルーライトを遮るメガネを使うと楽になります。眼精疲労を解消するには酷使している目を休ませることです。目をつぶっているのがいいのですが、さらに効果を上げる方法があります。目の周辺の筋肉がこり血流が悪くなっています。蒸しタオルなど温めたものを目の周辺において、十分くらい目を休ませる方法があります。あるいは単に遠くをぼんやりと眺めることも眼精疲労に効果があります。

予防改善方法

目に栄養を与えることも大事です。目に良いとされるアントシアニンが豊富なブルーベリーやビルベリーを使ったサプリメントがあります。飲んですぐに眼精疲労が解消できるものではありませんが、続けていくうちに目が元気になり物をはっきりと見ることができるようになります。ピント調節がうまくいかない人はルテインが効果的です。ルテインだけのサプリメントもありますが、アントシアニンとルテインの両方入ったものもあります。それに目の体操もあります。目を強くつぶって、ぱっと緩める方法です。目の周辺の緊張がほぐれ血流が良くなります。眼球を上下左右にゆっくりと大きく動かす方法もあります。そのあとゆっくり目を右回り左回りに動かします。目の筋肉を鍛えることで眼精疲労の予防ができます。